AIR 3331では現在、参加者を随時募集中!詳しくはこちら >>>
* 新型コロナウィルス感染症対策への対応について

参加アーティスト

ジュリアン・トルダム・ジュリン

ジュリアン・トルダム・ジュリン

滞在期間:2022.04.09-2022.06.19

ジュリアン・トルダム・ジュリン

Halfdans Hokus Pokus, 舞台セット, 王立劇場、コペンハーゲン

レジデンス・プラン
レジデンス期間中、私は世界中で展開しているアートプロジェクト「Virgin Tour」(34歳の処女である私自身の非常に個人的な物語を描いたプロジェクト)に取り組む予定。私的な物語とヨーロッパの古い民間伝承や西洋の神話を組み合わせたパフォーマンスや舞台セットを通して、プライベートとパブリック、フィクションとリアルの境界線を曖昧にすることを目的とする。西洋の民間伝承に登場するような空想上の生き物を秋葉原の街角にゲリラ的に配置することで、思いがけない光景を生み出し、東西文化を混ぜ合わせるプロジェクトは当初からの私の夢である。

アーティスト・プロフィール
ローマ字表記:Julian Toldam Juhlin

1) 2014年 デンマーク国立舞台芸術学校、舞台美術科卒 (コペンハーゲン)
2) 2019年 デンマーク芸術財団"The young art elite 2019 program"奨学金取得
3) 2019年 プラハ・カドレニアル PQ参加 (プラハ・チェコ共和國)

主な活動地域:デンマーク、日本、アメリカ
使用メディウム:インスタレーション、パフォーマンス、映像、写真

2014年にデンマーク国立舞台芸術学校を卒業。視覚的イコノグラフィーを駆使した舞台美術家であるジュリアン・トルダム・ジュリンは、卒業以来、大小のステージを問わず、独特な視覚表現を持つ舞台デザインを数多く制作。 2019年、世界最大の舞台美術の展覧会であるプラハ・クアドレニアルにデンマークの代表として参加。また、アーティストとして、私生活をさまざまな形で視覚的に表現するアートプロジェクト「Virgin Tour」をデンマーク、インドなど、世界中で展開している。

PREV  |  NEXT