AIR 3331 OPEN CALL応募締め切り 残り1ヶ月!2020/8/21まで!詳細 >>>

参加アーティスト

ストラスハイム・ジュリー

ストラスハイム・ジュリー

滞在期間:2020.03.04-2020.03.31

ストラスハイム・ジュリー

ローマ字表記:Julie Deanne Strasheim

レジデンス・プラン

日本の木版画技術を使用し、私は純粋さ、動き、そして相互の結びつきの感覚の発展を探る。調和の瞬間はつかの間の経験を得ることができる。私の作品はこれらを捉え、記録する。私はいくつかの版画作品をつなぎ合わせて画面を埋めることで、小さな瞬間が集まり、より大きく 圧倒的な感覚を創り出す可能性を思い描く。私の作品は版画を通して儚い経験を永続的なものにする事に焦点を当てている。

アーティスト・プロフィール

1) 1995年-1999年 スクール・オブ・ビジュアル・アーツ卒 (奨学生/成績優秀生)
2) 2003年、2006年 エリザベス・グリーンシェルズ基金奨学金取得
3) 2016年 国際木版画ラボ(MI-LAB)木版画ワークショップ参加

主な活動地域:蘇州市・中国
使用メディウム:水彩木版画

私の作品の目的はつながりを探し、それを振り返り構築する方法を見つける事である。私は2001年から海外に住み、アーティストとして多様な言語を学び、踊り、教えるという経験を通して、私の活動の本質は、私たちがますます分離する中で、グローバルな文脈の中で繋がりを追求する事によって動機づけられると考えた。 相互の結びつきの感覚を保存、記録、そして記憶する。私はこれらを主要なものとして一連の作業を行う。

PREV  |  NEXT