AIR 3331では現在、2022/2/28までの参加者を随時募集中!詳しくはこちら >>>
* 新型コロナウィルス感染症対策への対応について

参加アーティスト

ルイス・エンリケ・ゼラ

ルイス・エンリケ・ゼラ

滞在期間:2020.02.04-2020.03.03

ルイス・エンリケ・ゼラ

ローマ字表記:Luis Enrique Zela-Koort

レジデンス・プラン

人間の心の可能性はなんだろうか?私たちの能動的な経験はどのようにして構成されていくのだろうか?そして、どの程度その経験をコントロールできるのだろうか。私たちの現在の仮想およびヴァーチャル技術革命の文脈において、変化は表面的なレベルではなく、認識論的なレベルで深く起こっていると仮定する。私のプロジェクトの目的は 文化によって完全に組み込まれ変化した身体を表現することである。AIR 3331の滞在では、言及された概念的な裏付けに基づいて、東京で見られる、現代のテクノロジー、宗教、人類学、歴史、哲学、の領域からアートや詩の様々な視点を明確に示す包括的なプロジェクトを実行する。私は集合的に構築して理解する手段として、コミュニティに深く関わっていきたいと考えている。

アーティスト・プロフィール

1) 2019年 個展: "No se puede regresar al polvo" Revolver Galería (リマ)、 2020年 Museo de arte contemporáneo (リマ)
2) 2019年 個展: "Métrica Tensa" Paiján (トルヒーリョ・ペルー)
3) 2018年 個展: "Singularidades" Espacio Tomado - IK Projects (リマ)

主な活動地域:リマ・ペルー
使用メディウム:立体、ミクストメディア

人間の心の可能性とはなんだろうか?私たちの能動的な経験はどのようにして構成されていくのだろうか?そして、どの程度その経験をコントロールできるのだろうか。私たちの現在の仮想およびヴァーチャル技術革命の文脈において、変化は表面的なレベルではなく、認識論的なレベルで深く起こっていると仮定する。私のプロジェクトの目的は文化によって完全に組み込まれ変化した身体を表現することである。AIR 3331の滞在では、言及された概念的な裏付けに基づいて、東京で見られる、現代のテクノロジー、宗教、人類学、歴史、哲学、の領域からアートや詩の様々な視点を明確に示す包括的なプロジェクトを実行する。私は集合的に構築して理解する手段として、コミュニティに深く関わっていきたいと考えている。

PREV  |  NEXT