2019年5月3日よりAIR 3331オープンコールプログラム参加者募集開始!詳しくはこちら>>>

参加アーティスト

ローラ・ボズウェル

ローラ・ボズウェル

滞在期間:2019.03.01-2019.03.28

ローラ・ボズウェル

ローマ字表記:Laura Boswell

レジデンス・プラン
私はレジデンスへの参加に向けて、日本の庭や公園(庭園)の写真やスケッチをするために事前に日本を旅行する予定だ。
私は版画という限られた空間の中に、自然の雄大さや荒々しさを残せるよう意識しながら、風景を含む木版画の短編シリーズを作成する予定である。それら制作した作品群は、色や構図を通して有機的に、または二連祭壇画のように構成される。今回の目標として、自身の版画技術を向上させるとともに、風景に対する私の概念についても深く考察したいと考えている。

アーティスト・プロフィール
⑴ 2017年、Royal Society of Painter Printmakers 2017選出
⑵ 2012年、UK House of Lords「Prints for the Nation」collection 2012 にて版画作品 選出
⑶ 2019年、Crowood Press、『Making Japanese Woodblock Prints』出版

主な活動地域:英国、バッキンガムシャー
使用メディウム:リノウニウム版、木版画

ローラ・ボスウェルは、美術史/ビジュアルアートの学位を取得した英国の版画家で、英国王立協会の一員である。彼女のランドスケーププリントは、日本での彼女が学んだ時間を反映している。彼女は透明な顔料、衝動的な線と筆使いを用いて制作を行う。彼女はその技術普及のため、アーティスト雑誌、イラストレーター雑誌に寄稿しており、近く「Making Japanese Woodblock Prints」が自身の書籍として出版される予定だ。彼女の版画は、House of LordsやLibrary of Walesなどの国立コレクションにて注目され、取り扱われている。

PREV  |  NEXT