2018年9月28日(金)をもちまして、2019年4月-2020年3月期のAIR 3331 オープンコール新規作家募集を終了いたしました。
皆様よりのたくさんのご応募誠にありがとうございました。

参加アーティスト

チン・チョン・イン (コニー)

チン・チョン・イン (コニー)

滞在期間:2018.11.01-2019.01.09

チン・チョン・イン (コニー)

ローマ字表記:Chan Chung Yin, Connie

レジデンスプラン
2人のアーティストワン・シェンワ (エリー)、チン・チョン・イン (コニー)のコラボレーションの出発点は、2016年に始まった「White Envelope Project(白い封筒プロジェクト)」である。「White Envelope Project」は、視覚的なコミュニケーションにより、人々の自発的な創造性を促す文化交流プロジェクトだ。このプロジェクトを通じて、アーティストは郵便をさまざまな人々に配信する郵便配達員(仲介人)の役割を果たす。参加者は、見知らぬ人から白い封筒を受け取り、それらを作品、図、物などの役割として使用することなく、定められた封筒に創造的な方法で返信されることが期待される。本プロジェクトは、過去に香港とロンドンにて実施された。
彼らは、本プロジェクトをAIR 3331オープンコールプログラム参加中に開催することを予定。このほかに、ワークショップ、インタビューなどを通して千代田区の地域の人々との交流を図ることを予定している。2人は、お互いに新しい視点を獲得するため、彼らの芸術的な実践を活用することを考えている。

アーティストプロフィール
1)2014年、Camberwell College of Arts、BA、 3Dデザイン
2)2018年、Institute for Arts in Therapy and Education (UK)、治療学における修士号修了
3)2014年、イギリス、ロンドン、「New Designer 2014」

主な活動地域:ロンドン
使用メディウム:粘土、その他

ロンドンに拠点を置くデザイナー・メーカー&陶器職人。コニーは香港で生まれ育ち、ロンドンで3Dデザインを学んだ。デザイナーとして、粘土は常にコニーの作品の主要メディウムである。
彼女の作品の多くは、日本の民芸芸術と哲学に触発されている。 コニーは、インタラクティブで、対話的なコミュニティーベースのアートに強い関心を持ち、人々の創作に関わるプロジェクトに取り組んでいる。
現在彼女はセラピューティック・アーツの研究を通じて、個人の肉体的、感情的、精神的幸福度を改善、向上させるための創造的な芸術プロセスを使用する方法を模索している。

PREV  |  NEXT