2018年9月28日(金)をもちまして、2019年4月-2020年3月期のAIR 3331 オープンコール新規作家募集を終了いたしました。
皆様よりのたくさんのご応募誠にありがとうございました。

参加アーティスト

ソウル・イ

ソウル・イ

滞在期間:2018.10.10-2018.10.29

ソウル・イ

ローマ字表記:Seoul Lee

レジデンス・プラン
2016年10月に実施した「日韓クリエーター交流プロジェクト」を通じて、交流を現在も続けています。「日韓クリエーター交流プロジェクト」の継続的な活動としてAIR 3331での滞在、活動を予定しておりアーティストとしての活動を強化していきたいです。今回の共感リレーレジデンスでは、「REBIRTH」という共通テーマを持ってそれぞれの意味を探していく予定です。私は「Happy together」というキーワードで共に暮らす世界を表現したいと思っております。
(ストーリー)いつか絶滅したワラビーの話を読んだことがある。馴染みのないその動物は小さいカンガルーのように見えるが、高く売れる毛皮のせいで急激に数が減少したらしい。最後のワラビーは1927年犬に襲われ、絶滅してしまった。
人間の速度は加速化し、その破壊力から動物も植物も建物も消えていく。
地球に住んでいる全ての命はぞれぞれのスピードで生きる権利がある。

アーティスト・プロフィール
⑴ 2017年、東京、秋田、グループ展 「Artist Nomad」
⑵ 2017年、チャンウォン、グループ展 「GIAF 2017」
⑶ 2018年、ソウル、グループ展 「AnKyung」

主な活動地域:韓国、ソウル、釜山
使用メディア:韓紙に絵の具

私の作品は自然や動物、人間が一緒に共存している場所を見る所から始まる。私は山が好きである。なぜならどのような種類の動物がそこに生息しているか興味があるからだ。ふと突然、私は木の上にいるリスに興味が湧く。またふと突然、私は猫の一生はどのような物かと考えてしまう。彼らについて彼らのストーリーを私は、灰色なコンクリートに囲まれたスタジオで想像するのだ。


ーーー
2016年、2017年に実施した「日韓クリエーター交流プロジェクト」に韓国若手アーティスト達が参加し、地方と都会、伝統と最先端、自然保護と開発などを話題に今を生きる人々と文化、芸術の役割について学び、交流活動を実践。2016年より交流しているアーツ千代田3331にて地域とアートがつながる新しい交流を実践するため2018年9月、10月と7名の韓国アーティストがリレーレジデンスを実践。各自の芸術活動は勿論、現地交流や視察も行う予定。リレーレジデンスが終了した後、今回の活動発表ともなる展示会を2019年に韓国で予定している。

logo.png
*本レジデンスへの滞在はインペインターグローバルの助成により実現された

PREV  |  NEXT