2018年9月28日(金)をもちまして、2019年4月-2020年3月期のAIR 3331 オープンコール新規作家募集を終了いたしました。
皆様よりのたくさんのご応募誠にありがとうございました。

参加アーティスト

アリーシャ・リー

アリーシャ・リー

滞在期間:2018.02.02-2018.03.01

アリーシャ・リー

ローマ字表記:Alesha Lee

レジデンス・プラン
この機会において、私独自の"プロビジョナル絵画"のスタイルとそのコンセプトを伝え、自身のアーティストプラクティスを発展させるつもりです。このプログラムでは、研究と調査を通して新しいアート・ワークをスタートさせたいと考えています。これには、西洋人として自分自身が西洋人になりきらないようにすることと、標識やアイコンについての知識を再構成することが含まれています。これらの絵画の制作は、偶然性と不確定な動きの作用により、未完成に見えるかもしれませんが、それらは作品にに明瞭さを与えているのです。

プロフィール
1)2017年、テネシー州、チャタヌーガのアーティスト・スペースであるVERSAの共同設立者
2)2017年、チャタヌーガ、テネシー大学、BFA in Studio Art with a concentration in Painting and Drawing
3)2017年、チャタヌーガ、City Hall、グループ展、「Chattanooga Powerful:The Feminine Lens」

主な活動地域:USA、テネシー州
使用メディア:ミクストメディア、アクリル、デジタル、インスタレーション

アリーシャは、コリアン・アメリカ人としてのアイデンティティーを持った新進気鋭のペインターです。彼女のアート・ワークは、アジア人鑑賞者の先入観について再考することに挑戦するものです。 アリーシャのプロジェクトは、韓国の文字と文化的なオブジェクトを含むインスタレーションの形をとっています。

PREV  |  NEXT