AIR 3331 OPEN CALL募集期間8月5日 (月)まで延長!お申し込みはこちら>>>

参加アーティスト

ダレン・オヘル

ダレン・オヘル

滞在期間:2018.12.25-2019.01.21

ダレン・オヘル

ローマ字表記:Darren O'Hehir

レジデンスプラン
記憶は私たちの人格を形成する。記憶を思い起こす度に微妙なズレが発生する可能性があるため、正確さが低下する可能性がある。それは人間の脳の信じられないほど複雑な側面であるが、そのことが人格をユニークで個人的にしている。
2017年にアーツ千代田 3331を訪れた経験があり、その際の記憶からこのアートセンターを中心とした一連の作品を完成させる予定だ。千代田区を訪れ、もう一度人々の絵を描きたいと考えている。一連の作品は、認識の複雑な性質を表現し、鑑賞者の記憶に対する考えを深めることを目的としている。

アーティストプロフィール
⑴ 2018年、ディーキン大学、BAビジュアルコミュニケーション 卒業
⑵ 2018年、ブランズウィックストリートギャラリー、個展「Reshuffle」
⑶ 2018年、fortyfivedownstairs「Emerging Artist Award 2018」ファイナリスト

主な活動地域:オーストラリア、メルボルン
使用メディウム:木炭、グラファイト、アクリル絵の具

ダレン・オヘール(Darren O'Hehir)は、メルボルンを活動拠点とするアーティストである。主に木炭、グラファイト、およびアクリル絵の具にて抽象画と具象画を作成している。 ダレンはディーキン大学でビジュアルコミュニケーションの学士号を取得し、現在はビデオプロデューサー兼フリーランスのアーティストとして活動している。彼の作品はメルボルン・ギャラリーに展示されており、思考を刺激するコンセプチュアルな主題を持つことが特徴としてあげられる。

PREV  |  NEXT