2018年9月28日(金)をもちまして、2019年4月-2020年3月期のAIR 3331 オープンコール新規作家募集を終了いたしました。
皆様よりのたくさんのご応募誠にありがとうございました。

参加アーティスト

セリーナ・デイビス

セリーナ・デイビス

滞在期間:2018.07.12-2018.08.08

セリーナ・デイビス

ローマ字表記:Selina Davis

レジデンス・プラン
セリーナは、日本に住む人々の視点を通して日本人の文化を反映した1コマ漫画を描く。地元に住む人々より提供される写真は日本での経験を伝えるためのまとまりあるチャプターとしてイラスト化する予定だ。これらを通して、コミュ二ティーを学ぶだけではなく、自身の見たものをストーリーと漫画形式で制作し、発表する。さらに、初心者の漫画家やライター向けのキャラクターデザインとストーリー制作ワークショップを開催することを計画している。

アーティスト・プロフィール
⑴ 2018年、マイアミ大学、Painting and Minor in Theater、BFA コース 卒業
⑵ 2018年、SFC Emerging Artists Exhibition 開催
⑶ 2018年、3 Art's Women's Scholarship Award 受賞

主な活動地域:オハイオ、シンシナティ
使用メディア:インク、グラファイト、水彩、etc...

セリーナ・デイビスはアメリカ生まれの漫画家の卵である。彼女のプロジェクトは、彼女自身の経験や調査方法に基づき、3D形式での原稿作成など、漫画を様々なメディア形式に落とし込んでいる。彼女が強く影響を受けたキッチュなものやポップアートのように、新鮮な観点と懐かしい雰囲気を持ち、すべての鑑賞者が楽しめるような作品の制作を彼女は目指している。

PREV  |  NEXT