2018年9月28日(金)をもちまして、2019年4月-2020年3月期のAIR 3331 オープンコール新規作家募集を終了いたしました。
皆様よりのたくさんのご応募誠にありがとうございました。

参加アーティスト

エイブ・アベ

エイブ・アベ

滞在期間:2018.05.15-2018.06.11

エイブ・アベ

ローマ字表記:Abe Abe

レジデンス・プラン
エイブはAIR 3331オープンコールプログラム参加中のアーティスト、アスカ・リンとのコラボレーションにて、ショート・フィルムの制作を行う。それは、どのようにオタク文化がポスト・ヒューマニズム的な哲学的思想と関連しているのかを、東アジアのアイデンティティを、ポピュラーなアニメの少女キャラクターと比較・融合し、東京のアニメカルチャーの、急増するハイパーリアリティについて一歩引いた視点で調査することで、実存的に観察する試みだ。このショート・フィルムでは、私たちを取り巻くこれらのイメージに対する、直接的な意識または集団的アイデンティティについて具体的な解説を行う。

アーティスト・プロフィール
⑴ 2018年、 California Institute of the Arts、BFA in Experimental Pop
⑵ 2018年、REDCAT、Film/Video Showcase (サウンド)
⑶ 2017年、Tiny Mix Tapes

主な活動地域:カリフォルニア、ロサンゼルス
使用メディア:サウンド

エイブは、ロサンゼルスを拠点に活動する日本/ベトナム人ハーフのミュージシャン、パフォーマンス・アーティストそしてプロデューサーである。サイボーグ、そしてポスト・コロニアリズム、ハイパーリアリティというトピックスが、アコースティックとシンセ的な高周波数の音の集合体として、照らし出される。エイブが重要とするプラクティスは、実験的エレクロトニック・ミュージックと音楽制作、映画音楽制作、サウンドデザイン、ボーカル/楽器奏法そして声優などの世界に集中することである。

PREV  |  NEXT