2018年9月28日(金)をもちまして、2019年4月-2020年3月期のAIR 3331 オープンコール新規作家募集を終了いたしました。
皆様よりのたくさんのご応募誠にありがとうございました。

参加アーティスト

ケラ・ストーン

ケラ・ストーン

滞在期間:2018.07.01-2018.08.25

ケラ・ストーン

ローマ字表記:Kara Stone

レジデンス・プラン
ケラの制作する『地球は私より良い人間』は、一人の若い女性が世捨て人となり、森に入り周囲の環境と話す術を発見するというストーリーのビジュアル・ノベルである。このプロジェクトは、相互関連的な同性愛の親近感、身体障害そして社会環境的な正義を複合的なナラティブの道筋と初期ネット・アートの美学を通じて研究する。それは、自身のセクシュアリティ、精神病、自尊心との関係と格闘する若い女性の心理という長い超現実的な旅である。

アーティスト・プロフィール
⑴ 2016年、ニューヨーク、個展:Mystical Digital
⑵ 2015年、オンタリオ・アーツカウンシルアワード受賞
⑶ サンタ・クルス、University of California、Ph.Din Film and Digital Media

主な活動地域:カナダ、トロント
使用メディア:デジタルアート

ケラ・ストーンはアーティスト兼学者として、作品制作、ビデオ・ゲームそして伝統的な工芸と関係する「感情」と、「性別が分けられるという経験」における精神疾患と治癒について興味を持っている。彼女のアートワークはすでに「The Atlantic」、「Wired」と「Vice」にて取り上げられている。また彼女は「Different Games Collective」の一員でもある。彼女は近年、サンタクルスにあるUniversity of Californiaのフィルム&デジタルメディアコースのPhD(日本の大学院博士課程に相当する)として学業に従事している。

今回のAIR 3331オープンコールプログラムへの参加は、The Canada Council for the Arts/Conseil des arts du Canadaによる助成にて実現された。

KaraStone_sponsor.jpgのサムネール画像

PREV  |  NEXT