AIR 3331 特別プログラム × “海老原商店”

AIR 3331 特別プログラム × “海老原商店”
English
東京・神田 歴史的な看板建築で創り出すクリエイティブな物語

特別プログラムについて

写真:池田晶紀、池ノ谷侑花(ゆかい)

このプログラムでは、アーティスト、研究者、キュレーター、コレクターなどクリエイティブな人々に、明治から昭和にかけて、地域の豊かな歴史を持つ文化財「海老原商店」に滞在し、制作、発表する機会を提供しています。海老原商店は東京都心のJR秋葉原駅すぐ近くに建てられており、東京の現代的な街並の中にある歴史ある側面を垣間見ることが出来ます。また、洋と和が混在する空間で開催されるイベントや展覧会ではホワイトキューブのギャラリーとは違った魅力と調和をみることが出来ます。ここで制作・発表された作品は過去と未来が交差する中で、新たな見え方が立ち現れてくるでしょう。

応募受付開始: 2020年9月18日(金)
滞在可能期間: 2020年10月19日(月)〜 2021年10月18日(月)

海老原商店について

写真協力:海老原義也

“古着屋として明治20年に創業し、既製服や反物など時代に合わせた商品を扱いながら営業を続けてきました。現在の海老原商店の建物が建築されたのは1928年。当時の店主・海老原保蔵と、親交のあった画家との二人三脚で、何度も試行錯誤を繰り返しながら、看板建築様式を採用したファサード(建物正面)のデザインが制作されました。
海老原商店は、看板建築の中でも和洋を取り入れたファサードやガラス等のデザイン、商店と居住スペースをバランスよく配置した間取り、天窓から吹抜けの空間を通して光を取込む設計等、看板建築を代表する要素が数多く採用されています。また、当時の設計図面や営業の記録が残されており、学術的な研究調査を行う上で貴重な資料を、現在でも大切に保存し続けています。2003年には千代田区景観まちづくり重要物件に指定されました。”

(海老原商店ウェブサイトより引用)

写真:池田晶紀、池ノ谷侑花(ゆかい)

プログラム参加費

1週間(7日間) - 240,000円(税込)
一棟貸し切りとなります。
ご利用は2名様(ペア)までになります。
上記の金額には AIR 3331による基本サポートが含まれます。

申込方法

以下の書類を「海老原商店申込_名字・名前」を件名にして【residence (at) 3331(dot) jp】 までお送りください。
注:(at)を(@)、(dot)を(.) に変更してご使用ください。

(1) 海老原商店でのプロジェクトの企画書
(2) ご希望の参加期間
※滞在可能期間より1週間単位で日程をご指定ください。(例:2020年11月3日-2020年11月9日)
(3) 最新の活動履歴書
(4) ポートフォリオ(少なくとも5つのイメージ画像、ビデオ、オーディオ、制作に関係のあるエッセイまたはウェブリンク等)
(5) レジデンスでの活動プランを説明するための補助的な資料(例: 仮のスケジュール、イメージ画像/映像、ウェブリンク等)

※ 添付ファイルの容量は2MBまで
※ MacのPagesのフォーマットは、受け付け不可

アクセス

3331 Arts Chiyoda から徒歩15分ほど、JR秋葉原駅を出てすぐに東西にのびる柳原通りに海老原商店は位置しています。通りにはかつて問屋街として栄え、多くの個性的な看板建築が立ち並んでいました。 その多くが消えてもなお、海老原商店やその周囲にはかつての名残を感じさせます。秋葉原周辺には江戸三大祭りの一つである神田祭で有名な神田明神、東京の名所旧跡として知られる湯島聖堂等、東京の歴史を感じさせる場所が点在していますので、制作やリサーチの合間の散策に訪れてみてはいかがでしょうか。 また、AIR 3331の施設である岩本町レジデンス&スタジオが近くにあり、そこに滞在するアーティストとの交流も可能です。海老原商店は、東京の中心地にいながら豊かな歴史や新たなネットワークに出会う拠点として、最適な場所となっています。

Google Maps

JR秋葉原駅 昭和通り口より徒歩4分
都営新宿線 岩本町駅A3番出口より徒歩2分
AIR 3331 岩本町スタジオより徒歩4分
3331 Arts Chiyodaより徒歩15分