2018年1月以降のオープンコールプログラム参加者募集中!2017年8月20日まで応募可能!
※2017年9月から2017年11月末までのレジデンス申込も受け付けています。詳細はこちら »

参加アーティスト

エリザベス・スモーラーズ

エリザベス・スモーラーズ

滞在期間:2011.09.10-2011.09.24

エリザベス・スモーラーズ

エリザベス・スモーラーズは連続的なプロジェクト『The One Hundred Dollar Project』をG8+5(G8=カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、ロシア、イギリス、アメリカ/+5=ブラジル、中国、インド、メキシコ、南アフリカ)で実施しているアーティスト。彼女は各国の労働者に声をかけ、「1時間100ドルで何をするか?」を問いかけます。プロジェクト実施後、その記録は大規模なビデオインスタレーションとして発表される予定です。3331 Arts Chiyodaに滞在中、彼女は東京に住む人々の協力を得ながら「1時間100ドルで何をするか?」をヒアリング。そして、このプロジェクトに参加した人々はそれぞれ100ドルを支給され、自由に"1時間"をすごしました。個々の"1時間"はビデオに記録され、各国の経済状況に対する社会的な分析とともに展示されました。

PREV  |  NEXT