2018年1月22日(月)から来季レジデンスアーティストの募集がスタートします!
詳細は2018年1月22日(月)以降に本ウェブサイト上にて発表!

参加アーティスト

ハイ シン・ホワン

ハイ シン・ホワン

滞在期間:2018.01.05-2018.02.01

ハイ シン・ホワン

ローマ字表記:Hai-Hsin Huang

プログラム参加中の計画
最終的な作品形態は、東京での作家自身の体験を反映した、油絵による現代の一場面を捉えた悲喜劇的なコミック絵画、ドローイングとなる予定。

作家プロフィール
2017年、Germany (Project Room)、Leipzig、Muesum der bildenden
2017年、台湾、台北、Aura Taipei、個展:"Stranger in a strange land"
2017年、韓国、Jeonbuk Museum of Art、"Asia Contemporary Art Exhibition 2017- Asian Women Artists"

主な活動地域:アメリカ、ニューヨーク

ハイ シン・ホワンの作品は、現代生活の暗喩を探求している。特に、ありふれた日常の風景は、ユーモラスさと不気味さ間の曖昧な雰囲気を明らかにする。このようなどこにでもあるような家族写真、アトラクションに乗った観光客、そして繰り返し起こる防災訓練・・・
ホワンは、社会の中の、滑稽さ、恐怖、不条理さ、そして孤独について興味を持っている。彼女にとって、多くの生活の局面は、滑稽さ、不条理さ、気まずさ、可笑しさ、そして無意味さが一度に起こる可能性を持っている。

PREV  |  NEXT