2018年1月以降のオープンコールプログラム参加者募集中!2017年8月20日まで応募可能!
※2017年9月から2017年11月末までのレジデンス申込も受け付けています。詳細はこちら »

参加アーティスト

アニメーション・アーティスト・イン・レジデンス東京2016 (ジャパン・イメージ・カウンシル)

アニメーション・アーティスト・イン・レジデンス東京2016 (ジャパン・イメージ・カウンシル)

滞在期間:2016.01.07-2016.03.17

「アニメーション・アーティスト・イン・レジデンス東京」は、文化庁が主催する「海外メディア芸術クリエイターの招へい事業」として、世界から若手の優秀なアニメーションのクリエイターを東京に招へいし、日本のアニメーション文化に触れながら、作品を制作する機会を提供するアーティスト・イン・レジデンス・プロジェクトです。優れた作品の成果を促すとともに、メディア芸術における国際交流を推進し、交流機会を通じた国内クリエイターの育成を図ることを目的としています。昨年度に引き続き、一般社団法人ジャパン・イメージ・カウンシルが本事業を受託して運営しています。

今年はAIR 3331錦町レジデンス&スタジオを拠点にして活動をします。

招へい者(性別/国籍/年齢) ※年齢は平成28年1月7日時点

ジャッキー・ドゥグルーン Jacky DE GROEN(女性/ベルギー/23歳)

ヨハン・ライマ Johan RIJPMA(男性/オランダ/31歳)

リリアン・バスケス Lilian VAZQUEZ(女性/メキシコ/35歳)

ホームページ http://japic.jp/

PREV  |  NEXT