2018年1月以降のオープンコールプログラム参加者募集中!2017年8月20日まで応募可能!
※2017年9月から2017年11月末までのレジデンス申込も受け付けています。詳細はこちら »

参加アーティスト

ベネット・ミラー

ベネット・ミラー

滞在期間:2013.08.19-2013.09.16

ベネット・ミラー

<プロフィール>

ベネット・ミラーは、彫刻、インスタレーション、映像、パフォーマンスを行うオーストラリア出身のアーティストです。作品では、人間社会と文化を反映するものとして、人間と動物の関係を扱います。制作過程や作品の完成形には、常に生きた動物が登場します。
インスタレーション/パフォーマンス作品「Dachshund UN」(ダックスフンド国連)では、本物のダックスフンドが国連大使を演じました。この作品は、オーストラリアの各都市、バーミンガム(イギリス)や、トロントとモントリオール(カナダ)にて展示され、今後、日本での発表も検討される予定です。


<プロジェクト概要>

3331滞在を通して、ミラーは日本人と動物の関係についてリサーチを行います。特に、「たぬき」とたぬきにまつわる寓話や伝説や、東京にあふれるペットの擬人化に注目しています。
滞在中は、オープンスタジオとアーティストトークを行い、滞在期間の最後に、3331で制作する最新作と過去の作品をあわせて展示いたします。

<アーティストトーク>
日程:2013年8月31日(土)
時間:18:00 ~ 20:00
会場:アーツ千代田3331,203
料金:無料


<オープンスタジオ>
期間:2013年9月14日(土)
時間:11:00 ~ 19:00
会場:アーツ千代田3331、203
料金:無料

PREV  |  NEXT