2018年1月以降のオープンコールプログラム参加者募集中!2017年8月20日まで応募可能!
※2017年9月から2017年11月末までのレジデンス申込も受け付けています。詳細はこちら »

参加アーティスト

東野哲史

東野哲史

滞在期間:2011.01.30-2011.03.03

東野哲史

滞在期間中の日々が何の記念日か(例:2月6日はブログの日)をリストアップした東野は、参加者がそのリストからひとつを選び、"自由にイメージした小人の想像図"を描くワークショップ『3331の小人図鑑』を実施。集まった150枚もの小人の絵は、彼の手によってひとつのイメージにされました。また、中学校として利用されていたこの場所が残した机や黒板を用いて、生徒の"いたずら"を思わせるインスタレーションを発表しました。

<AIR 3331>
国内・アジア太平洋地域の民間アートセンターとの協働プログラムとして、若手支援・育成を目的とした、アーティスト・イン・レジデンス事業を開催。各地の機関から 推薦された国内外の9名のアーティストたちは、秋葉原に隣接する3331を拠点に、約1ヶ月間の滞在制作を行いました。その間、さまざまな人や出来事、街との関わりを通して、多くの発見や刺激を受けつつ作品へと昇華し、2月末より開催の成果発表展『AIR 3331』にて展示しました。
AIR 3331

PREV  |  NEXT